事業承継の基礎知識 4. 種類株式・属人的株式・信託を活用した事業承継

自社株式には議決権と財産権という2つの側面があるが、事業承継のケースによっては、これらを切り離して承継させる必要が出て来る。このとき活用できるのが、種類株式、属人的株式、信託である。それぞれの制度でできること・できないことを念頭に置いた上で事業承継計画を設計したい。