事業承継の基礎知識 2. 自社株式の承継方法と検討すべきポイント

事業承継において第一の焦点となるのが自社株式の取扱いである。自社株式の承継方法としては、相続・遺贈、生前贈与、売却が選択肢として考えられる。また、承継先としては、後継者個人だけでなく、資産管理会社(持株会社)や従業員持株会も検討の対象としたい。自社株式の相続税評価額とその計算の仕組みを念頭に置いた上で、自社株式の円滑な承継方法を計画しなければならない。