事業承継の基礎知識 5. 「非上場株式等についての相続税及び贈与税の納税猶予及び免除の特例」の活用

中小企業のオーナーにとって、自社株式に対して多額の相続税が課されることは死活問題であるが、相続税を気にするあまり会社の経営にしわ寄せが及ぶ対策があってはならない。会社に負担をかけず、円滑な事業承継ができるようにするために設けられたのが、「非上場株式等についての相続税及び贈与税の納税猶予及び免除の特例」である。この制度を決行すれば、後継者が現経営者から自社株式を贈与あるいは相続・遺贈によって取得した場合、一定の条件を満たして所定の手続きを行うと、贈与税・相続税の納税が猶予される。