M&Aの基礎知識 3. M&A取引におけるデューデリジェンス(買収監査)

デューデリジェンスとは、Due(当然行うべき)、Diligence(勤勉、努力)という意味である。デューデリジェンスは、M&A取引において、取引に影響を受ける当事者が、対象会社の事業内容、経営の実態、経営環境を詳細に調査することである。これにより、売手と買手の間に存在する“情報の非対称性”を解消し、M&A取引の意思決定を行う。 デューデリジェンスには、事業デューデリジェンス、財務・税務デューデリジェンス、法務デューデリジェンスなどがあるが、これらのデューデリジェンスを全て実施する義務や必要性はなく、M&A取引の状況に鑑み、必要なデューデリジェンスを選択する。複数のデューデリジェンスを実施した場合は、それぞれの調査結果を有機的に関連づけて経営実態を見極めなければならない。