これまでのM&Aニュース(2017年08月)

2017年8月4日

ヤマエ久野〈8108〉、業務用酒類卸売会社みのりホールディングスを子会社化

ヤマエ久野株式会社は、株式会社河内屋およびジェノスグループ株式会社を含む7つの事業会社を傘下とし、首都圏エリアを中心に料飲店・レストラン・高級ホテル等、約10,000件の顧客を有する業務用酒類卸売業のみのりホールディングス株式会社の発行済株式の一部を取得し、連結子会社化することを決議した。

みのりホールディングスは、酒類の豊富な品揃えとフルタイム受注体制及び首都圏エリアにおける5ヶ所の大型物流センターを有し、顧客への定期・定時納品体制を構築しており、物流子会社を通じて業務用酒類卸売業の同業他社も参加した共同配送事業を運営している。
ヤマエ久野は、首都圏エリアの販売シェアの更なる拡大を基本戦略の一つの柱として掲げ、事業に取り組み、首都圏エリアでは、2016年10月に東京支社を新設、2017年5月に情報・低温対応の大型物流センターの開設、ヤマエ久野のビジネスモデルである加工食、酒類、チルド・生鮮食品、食品原材料、資料、畜産物等の卸売事業ならびに量販店・CVSチェーン等に対する共同配送事業等の物流サービスの提供をするフルライン型の営業・物流サービスを顧客に提供する為、基盤強化を図ってきた。
ヤマエ久野は、首都圏での更なる事業拡大の為、本決議に至った。
これにより、みのりホールディングスの各事業会社とヤマエ久野の量販店・CVS・外食・製造業等に対する卸売事業で培ったフルラインの商品調達機能および物流サービスを共有することで首都圏エリアでの双方事業の更なる拡大が図れるとしている。

取得価額:12,300百万円
異動後の所有株式数:19,000株(議決権所有割合95.0%)
株式譲渡完了日:20127年9月29日(予定)

〈取得する会社の概要〉
会社名:みのりホールディングス株式会社
所在地:東京都八王子市元横山町
事業内容:業務用酒類卸売業
資本金:100百万円
(2016年12月期)
連結純資産:3,429百万円
連結売上高:35,462百万円

〈当該会社の概要〉
会社名:ヤマエ久野株式会社
所在地:福岡市博多区博多駅東
事業内容:一般加工食品・冷凍食品・小麦粉・酒類等を仕入れ並びに農産物の加工・弁当惣菜の製造、コンビニエンスストア・量販店等への販売、同商品の共同配送作業と住宅資材・木材加工及び製品を建材・木材店への販売
資本金:1,025,960,600円
上場証券取引所:福岡証券取引所(証券コード8108)
発行済株式数:20,519,212株