これまでのM&Aニュース(2017年08月)

2017年8月1日

ヤフー〈4689〉、ジャパンネット銀行を連結子会社化

ヤフー株式会社は、株式会社三井住友銀行との株式会社ジャパンネット銀行に関する株主間契約の変更を決議し、株式会社三井住友銀行との間で変更契約を締結した。
今後ジャパンネット銀行の取締役の過半数をヤフーから派遣することにより、ジャパンネット銀行を連結子会社化とする予定。

ヤフーは、2013年10月にコマース事業における新戦略を開始して以降、ストア出店料等の無料化、ポイント施策、クレジットカード事業の開始等によって取扱高を急速に伸ばしてきた。
今後、コマース事業をさらに活性化させるためには決裁金融事業をより許可する必要があり、本決議に至った。

これにより、ヤフーはジャパンネット銀行の経営を主導し、これまでヤフーが培ってきた顧客基盤やマルチビッグデータを活用することでジャパンネット銀行の顧客にとって付加価値の高い金融サービスを提供し、自社サービス内のエコシステムの強化するとしている。

所有株式数:354,000株(議決権所有割合41.16%)
※本契約による所有株式数および議決権所有割合の変更は無し
連結子会社化日:2017年10月初旬

〈取得する会社の概要〉
会社名:株式会社ジャパンネット銀行
所在地:東京都新宿区西新宿
事業内容:銀行業務
資本金:37,250百万円
(2017年3月期)
純資産:59,600百万円
経常利益:2,934百万円

〈当該会社の概要〉
会社名:ヤフー株式会社
所在地:東京都千代田区紀尾井町
事業内容:インターネット上の広告事業、イーコマース事業、会員サービス事業、その他事業
資本金:8,450百万円
上場証券取引所:東京証券取引所 市場第1部(証券コード4689)
発行済株式数:5,696,477,400株