これまでのM&Aニュース(2017年07月)

2017年7月31日

住友倉庫〈9303〉、倉庫業を展開する若洲を子会社化

株式会社住友倉庫は、東京都江東区の臨港区に倉庫2棟を保有し、ロジスティクスサービスを中心としたビジネス・プロセス・アウトソーシング業務を提供する株式会社若洲の株式を100%取得し、子会社化とした。

住友倉庫は、事業戦略の一つとして、「国内物流事業の基盤強化」を掲げ、倉庫施設の再構築等を含め、国内各地区における拠点整備を推進しており、その一環として本決議に至った。

これにより、首都圏臨海部の物流施設の更なる充実を図るとともに、住友倉庫が強みを有する機密文書保管等のアーカイブス関連サービスと、若洲の法人向け業務支援サービスの結合により、グループ・シナジーの創出を目指すとしている。

異動後の所有株式数:92,800株(議決権所有割合100.0%)
株式取得日:2017年7月31日

〈取得する会社の概要〉
会社名:株式会社若洲
所在地:東京都江東区若洲
事業内容:倉庫業
資本金:80百万円
(2016年12月期)
純資産:6,005百万円
売上高:2,443百万円

〈当該会社の概要〉
会社名:株式会社住友倉庫
所在地:大阪市北区中之島
事業内容:倉庫業、港湾運送業、陸上運送業、海上運送業、国際複合一貫輸送業、航空貨物代理店業、通関業、その他関連業務
資本金:21,822百万円
上場証券取引所:東京証券取引所 市場第1部(証券コード9303)
発行済株式数:195,936,231 株