これまでのM&Aニュース(2017年07月)

2017年7月28日

ニッタ〈5186〉、東洋ゴム工業の化工品事業を承継

ニッタ株式会社は、東洋ゴム工業株式会社が化工品事業を会社分割等により承継させた新会社の株式を100%取得する株式譲渡契約書を締結した。

ニッタは、新たな高機能製品による成長市場での新事業分野の確立、自社新製品創出につながるコア技術の更なる深化、自社事業領域の拡大による収益基盤の更なる強化の観点から、中長期経営計画において重要なテーマとしている「新事業・新製品創出」の実現に意義あるものと判断し、本決議に至った。

これにより、ニッタの既存事業である産業用ベルトの製造と、ゴム製品化工品事業が技術プラットフォームが近いことによる親和性の高い一般産業分野でのシナジー効果が期待でき、自社のゴムや樹脂などの基礎技術や製法が近いことによる連携と研究開発やものづくりの強化、既存ルートへの販売強化、海外拠点の活用による対象事業のグローバル展開、および製品のプロダクトミックスによる提案力の強化により、更なる発展に有益であるとしている。

取得価額:37億円(概算、アドバイザリー費用含む)
新会社株式の取得日:2017年12月27日(予定)

〈取得する事業の概要〉
事業内容:ゴム・樹脂化工品製造、販売、卸(東洋ゴム工業の化工品事業。ただし建築用免震ゴム事業を除く)
(2016年12月期)
純資産:7,631百万円
売上高:13,763百万円

〈当該会社の概要〉
会社名:ニッタ株式会社
所在地:大阪府大阪市浪速区桜川
事業内容:産業用ベルトの製造等
資本金:8,060百万円
上場証券取引所:東京証券取引所 市場第1部(証券コード5186)
発行済株式数:30,272,000株