これまでのM&Aニュース(2017年07月)

2017年7月19日

PCIホールディングス〈3918〉、メインフレームソフトウェア開発のシー・エル・シーを子会社化

PCIホールディングス株式会社は、株式会社シー・エル・シーの発行済株式の全てを取得し、子会社化することについて決議した。

PCIホールディングスは、情報サービス事業を営む事業会社を傘下に持つ純粋持株会社であり、事業領域は、ITソリューション事業と半導体トータルソリューション事業としている。
また、PCIホールディングスは、同事業のIoT/IoEソリューション分野を成長戦略の柱として、「自動運転」、「AI」等、様々な領域に「M&A戦略」を加え、グループの拡大戦略を推進している。
シー・エル・シーはメインフレームソフトウェアの販売および保守業務を主として営んでおり、運用管理部門向けの専門知識・技術と実績を蓄積している。
今般、システムの複雑化が加速する中で、シー・エル・シーのシステムインテグレーション力は、PCIホールディングスのITソリューション事業の中でもビジネスソリューション分野において有用といえる。
また、今後本格的な普及が予想されるIoT分野において、各種デバイスが相互接続されることによりハード(端末機器)の性能だけでなく、サーバやネットワーク(通信機器)における技術的要素も重要である。
そのため、PCIホールディングスが推進するIoT/IoE戦略には、シー・エル・シーが持つ大型汎用機・周辺機器等に関する豊富な経験とノウハウが必要不可欠であり、将来的な事業シナジー効果を創出することが可能となると判断し、本決議に至った。

これにより、シー・エル・シーの顧客は大手企業を中心とした固定のメインフレームユーザーが多いため、それらの顧客に対してシー・エル・シーとPCIホールディングスの経営資源を相互に活用したサービスを提供するとしている。

取得価額:249百万円(概算額、アドバイザリー費用等概算2百万円)
異動後の所有株式数:4,000株(議決権所有割合100.0%)
株式譲渡実行日:2017年7月31日(予定)

<取得する会社の概要>
会社名:株式会社シー・エル・シー
所在地:東京都新宿区西新宿
事業内容:コンピュータ機器の販売、リース、保守業務
資本金:100百万円
(2017年3月期)
純資産:508百万円
売上高:1,299百万円

<当該会社の概要>
会社名:PCIホールディングス株式会社
所在地:東京都江東区南砂
事業内容:エンベデッドソリューション事業、ビジネスソリューション事業、IoT/IoEソリューション事業、半導体トータルソリューション事業
資本金:10億 3,741万円
上場証券取引所:東京証券取引所 市場第1部(証券コード3918)
発行済株式数:3,756,200株