これまでのM&Aニュース(2017年06月)

2017年6月23日

キョーリン製薬ホールディングス〈4569〉、産総研発ベンチャーのジェイタスを子会社化

キョーリン製薬ホールディングス株式会社は、自社の子会社である杏林製薬株式会社を通じて、国立研究開発法人産業技術総合研究所が開発した技術を産業活用することを目的に設立された「産総研発ベンチャー」である株式会社ジェイタスの全株式を取得することで、ジェイタスと合意した。

キョーリン製薬ホールディングスは、医療用医薬品事業とヘルスケア事業を複合的に組み合わせ、健全かつ持続的に成長する「健康生活応援企業」への進化を目指し、感染症の治療(医療用医薬品)、環境感染の制御(環境衛生)に関わる事業に取り組んでいる。
PCR装置を独自技術で改良し、短時間で細菌・ウイルスを同定することが出来、かつPOCTの実施を可能とする小型化された超高速遺伝子定量装置を開発したジェイタスの技術を活用することで感染症の診断に加え、幅広い事業展開(治療・予防・診断)が出来るものと考え、本決議に至った。

これにより、感染症領域における幅広いニーズに応えるべく、杏林製薬がジェイタスの技術を活用することで、感染症診断での事業化を目指し、その中でグループとして効果的な組織体制の構築を検討するとしている。
また、ジェイタスが開発した超高速遺伝子定量装置は医療領域に限らず、他分野にも応用できると考えており、様々な形での事業展開に努めるとしている。

異動後の所有株式数:4,950株(議決権所有割合100.0%)
株式譲渡実行日:2017年7月3日(予定)

〈取得する会社の概要〉
会社名:株式会社ジェイタス
所在地:大阪府大阪市東成区東中本
事業内容:医療および研究、検査機器の開発業務
資本金:4,950,000円

〈当該会社の概要〉
会社名:キョーリン製薬ホールディングス株式会社
所在地:東京都千代田区神田駿河台
事業内容:医薬事業等を営む子会社を中心とするグループ全体の経営戦略機能を担う持株会社
資本金:7億円
上場証券取引所:東京証券取引所 市場第1部(証券コード4569)
発行済株式数:74,947,628株