これまでのM&Aニュース(2017年06月)

2017年6月2日

ヴィンクス〈3784〉、システム開発会社のエリアを子会社化

ソリューションビジネスを中心とした総合情報サービス企業である株式会社ヴィンクスは、多店舗展開している大手小売業向けにITサービスを提供している株式会社エリアの株式を取得し、子会社化することについて決議した。

ヴィンクスは多くの流通・サービス業に対し、POS、CRM、MD等のシステムを提供し、ITサポートサービス等流通・サービス業向けに特化したワンストップサービスを提供している。
一方、エリアは、スーパーバイザー向け支援システムとしてSVingシステムによるトレード・オフ分析、トレンド分析や、システム開発等のITサービスを提供しており、高い競争力を保持している為、ヴィンクスの事業規模拡大に寄与すると判断し本決議に至った。

これにより、両社が保有する顧客基盤、技術力およびノウハウを相互に効率的かつ有効活用することにより相乗効果が発揮され、更なる事業規模拡大に寄与するとしている。

異動後の所有株式数:160株(議決権所有割合53.33%)
株式譲渡実行日:2017年7月3日(予定)

〈取得する会社の概要〉
会社名:株式会社エリア
所在地:東京都豊島区池袋
事業内容:コンピューターシステムの開発受注
資本金:15.000千円
(2017年9月期〉
純資産:677,127千円
売上高:371,782千円

〈当該会社の概要〉
会社名:株式会社ヴィンクス
所在地:大阪市北区堂島浜
事業内容:パッケージプロダクト開発・提供、ソリューションサービス・ITサポートサービス・クロスボーダーITソリューションサービスの提供、流通・小売業に関するコンサルティング業務の提供
資本金:5億9,603万円
上場証券取引所:東京証券取引所 市場第2部(証券コード3784)
発行済株式数:8,859,000株