これまでのM&Aニュース(2017年05月)

2017年5月25日

伊藤忠商事〈8001〉、ヤナセの普通株式を公開買付けにより取得

伊藤忠商事株式会社は、株式会社ヤナセの普通株式を公開買付けにより取得することを決定した。

伊藤忠商事は、現在ヤナセの普通株式を18,636,000株(所有割合39.49%)を所有し、ヤナセを持分法適用会社としているが、ヤナセとより緊密な資本関係を構築するために、ヤナセの普通株式を追加取得し、ヤナセを連結子会社とすることを目的として、本公開買付けを実施する。

伊藤忠商事は、大手総合商社として、繊維、機械、金属、エネルギー、化学品、食料、住生活、情報、金融の各分野において国内、輸出入および三国間取引を行う他、国内外における事業投資等、幅広いビジネスを展開している。
一方、ヤナセは、ドイツ車をはじめとるす輸入車およびその部品・アクセサリーの販売、自動車の修理・整備を行っている。
ヤナセは、今後の事業発展のために、海外事業展開を含めた事業および収益の拡大も重要課題であると考え、海外事業展開を実施していくにあたっては、伊藤忠商事との資本関係を一層強化し、伊藤忠商事の海外ネットワーク等の有形無形の経営資源を活用することが必要であるため、伊藤忠商事の連結子会社になることも有益な選択肢と考えていた。
伊藤忠商事は、ヤナセでの海外事業展開への協力含め、今後より一層対象者の業務をサポートするため、ヤナセとの資本関係を強化するため、本決議に至った。

これにより、両社は、従来以上に緊密化した連携を図るとともに、両社グループの有する資産、ノウハウ、顧客基盤等の経営資源を開示および提供することを通じて、海外事業展開に向けた連携やシナジーの実現が期待できるとしている。

届出当初の買付け等の期間:2017年5月26日~2017年7月10日
買付け等後における株券等所有割合:65.32%
買付代金:6,502,680,000円(12,042,000株@540円)
決済の開始日:2017年7月21日

〈取得する会社の概要〉
会社名:株式会社ヤナセ
所在地:東京都港区芝浦
事業内容:自動車販売(新車・中古車)、自動車部品・アクセサリーの販売、自動車の修理・整備、自動車保険の代理店業務等
資本金:6,975百万円(2016年9月30日現在)

〈当該会社の概要〉
会社名:伊藤忠商事株式会社
所在地:東京都港区北青山
事業内容:繊維、機械、金属、エネルギー、化学品、食料、住生活、情報、金融の各分野において、国内、輸出入および三国間取引を行うほか、国内外における事業投資など、幅広いビジネスを展開する
資本金:253,448百万円
上場証券取引所:東京証券取引所 市場第1部(証券コード8001)
発行済株式数:1,662,889,504株(2017年3月末現在)


news-toppage