これまでのM&Aニュース(2017年05月)

2017年5月16日

東京エレクトロン デバイス〈2760〉、アバール長崎の株式を取得

東京エレクトロン デバイス株式会社は、株式会社アーバルデータの連結子会社である株式会社アーバル長崎の株式を取得し、連結子会社化することについて決議した。

東京エレクトロン デバイスは、半導体製品や、ITソリューション等、国内外のエレクトロニクス製品の販売および保守サービスを提供しており、半導体の回路・基盤設計から量産受託までを自社ブランドにて提供するメーカー機能も備えている。
一方、アーバルデータは、受託製品において、半導体製造装置関連を始め、産業用制御機器および計測機器分野を主要事業分野とし、自社製品技術を基とした提案型営業による事業展開を行っている。
両社は、それぞれが保有する得意分野の要素技術を持ち寄り、部品選定から設計・製造・販売まで新たな高付加価値製品の迅速な市場投入を行うべく、2016年8月に業務および資本提携契約を締結している。

アーバルデータの連結子会社であるアーバル長崎は、アーバルデータと同様に電子機器の開発・設計・製造・販売を行っており、半導体製造装置関連分野を主力としながら、電話とコンピュータを連携して利用する技術であるCTIを用いる製品に続く新たな事業の確立を目指し、スマートエネルギー関連事業に注力している。
東京エレクトロン デバイスの元、従来のコア技術を活かしながら引き続きアーバル長崎の製品開発・販売を行うことで新事業の確立の加速に資すると判断し、本決議に至った。

これにより、東京エレクトロン デバイスは自社ブランドで提供する自社製品の開発および製造面に寄与することとなり、従来から展開している量産受託サービスの更なる事業拡大を目指すとしている。

取得価額:1,064百万円
異動後の所有株式数:133,000株(議決権所有割合56.6%)
株式取得実行日:2017年7月1日(予定)

<取得する会社の概要>
会社名:株式会社アーバル長崎
所在地:長崎県諫早市津久葉町6-42
事業内容:電子機器の開発・設計・製造・販売
資本金:1億3,400万円
(2017年3月期)
純資産:2,462百万円
売上高:2,451百万円

<当該会社の概要>
会社名:東京エレクトロン デバイス株式会社
所在地:神奈川県横浜市神奈川区金港町
事業内容:半導体及び電子デバイス(EC)事業(半導体、ボード、ソフトウェア、電子部品等の販売、設計・開発)、
コンピュータシステム関連(CN)事業(ネットワーク、ストレージ、ソフトウェアの販売、保守サービス)
資本金:24億9,575万円
上場証券取引所:東京証券取引所 市場第1部(証券コード2760)
発行済株式数:10,445,500株


news-toppage