これまでのM&Aニュース(2017年05月)

2017年5月15日

日清紡ホールディングス〈3105〉、日本無線〈6751〉を完全子会社化

日清紡ホールディングス株式会社および日本無線株式会社は、日清紡ホールディングスを株式交換完全親会社とし、日本無線を株式交換完全子会社とする株式交換を行うことを決定し、両社間で、株式交換契約を締結した。
これに伴い、本株式交換効力発生日に先立ち、日本無線の普通株式は株式会社東京証券取引所市場第1部において、2017年9月27日に上場廃止となる予定。

日清紡ホールディングスと日本無線は、2010年12月に日清紡ホールディングスによる日本無線の連結子会社化を通じて、その関係を深化させ、現在、日本無線は無線通信機器・情報機器総合製造業の先駆者として、日清紡ホールディングスのエレクトロニクス事業グループにおける中核的存在となっている。
日清紡ホールディングスは、日本無線を完全子会社化することにより、迅速果断な意思決定の下、両社の一体的な事業運営を強化し、成長戦略の遂行とコスト構造の改革を加速させ、併せてガバナンスレベルの向上を図ることが両社の為に最善との結論に至り、本決議に至った。

これにより、日清紡ホールディングスは、日本無線の無線通信技術を活用したエレクトロニクス事業グループ以外の、主にブレーキ事業といった他事業部門が有する精光機器・化学品関連の技術や知見の融合することによる超スマート社会の実現に向けた研究開発および生産・販売体制の構築が可能となるとしている。
加えて、日清紡ホールディングスのアジア展開の実績やネットワークを日本無線のグローバル事業展開に活用することにより、エレクトロニクス事業グループ全体の更なる発展の推進をし、両社の物流拠点の相互活用・統廃合の推進、両社の重複する間接部門の共有化を推進することにより、グループ全体の管理コストの一層の削減も可能となるとしている。

日本無線上場廃止日:2017年9月27日(予定)
株式交換効力発生日:2017年10月2日(予定)

〈取得する会社の概要〉
会社名:日本無線株式会社
所在地:東京都三鷹市牟礼
事業内容:船舶用・防衛関連、防災御油線無線等、無線通信機器の製造販売等
資本金:14,704百万円
発行済株式数:32,804,846株
(2017年3月期)
連結純資産:77,341百万円
連結売上高:142,909百万円

〈当該会社の概要〉
会社名:日清紡ホールディングス株式会社
所在地:東京都中央区日本橋人形町
事業内容:エレクトロニクス製品、ブレーキ製品、精密機器、化学品、繊維製品等の製造および販売等、ならびに不動産の売買および賃貸借等
資本金:27,587百万円
上場証券取引所:東京証券取引所 市場第1部、名古屋証券取引所 市場第1部、札幌証券取引所、福岡証券取引所(証券コード3105)
発行済株式数:178,798,939株


news-toppage