これまでのM&Aニュース(2017年04月)

2017年4月28日

住友林業〈1911〉、米国の住宅事業会社Bloomfield Homes, L.P.を連結子会社化

住友林業株式会社は、自社100%出資会社Sumitomo Forestry America, Inc.を通じて、2013年6月にSumitomo Forestry Americaより50%出資していた米国テキサス州の住宅事業会社Bloomfield Homes, L.P.の持分15%を追加取得し、連結子会社化することを決定した。

住友林業は、国内外において、「川上」の植林・山林事業から「川中」の流通・製造事業、そして「川下」の住宅関連事業まで、木を軸とした幅広い事業をグローバルに展開しており、その中で、海外における住宅関連事業は、米国・豪州・アジアと広く展開し、事業拡大を進めており、成長市場に対しては積極的に対応している。
Bloomfield Homesとは、2013年6月の持分取得以来、良好なパートナーシップを構築しながら事業規模を順調に拡大してきた。今回、住友林業の事業関与を深め、長期的な収益拡大を実現するため、Bloomfield Homesを子会社化することした。

これにより、米国での年間販売棟数目標である5,000棟の達成をより確実なものとしている。

取得価額:36.5百万USD(約41億円)
異動後の所有持分:65.0%
持分譲渡実行日:2017年5月3日※米国中部時間5月2日(予定)

〈取得する会社の概要〉
会社名:Bloomfield Homes, L.P.
所在地:1050 E, Highway 114, Suite 210,Southlake, Texas 76092, USA
事業内容:分譲住宅の建築および販売
(2016年12月期)
純資産:102百万USD
売上高:321百万USD

〈当該会社の概要〉
会社名:住友林業株式会社
所在地:東京都千代田区大手町
事業内容:資源環境事業、木材建材事業、住宅事業、海外事業
資本金:27,672百万円
上場証券取引所:東京証券取引所 市場第1部(証券コード1911)
発行済株式数:177,410,239株


news-toppage