これまでのM&Aニュース(2017年04月)

2017年4月26日

キヤノン〈7751〉、宮崎ダイシンキヤノンを完全子会社化

キヤノン株式会社は、自社を株式交換完全親会社とし、宮崎ダイシンキヤノン株式会社を株式交換完全子会社とする株式交換を実施することを決議し、株式交換契約を締結した。

キヤノンは、宮崎ダイシンキヤノンの株式を50.0%保有し、キヤノンの持分法適用関連会社である。
キヤノンは、特にレンズ交換式デジタルカメラの生産技術の強化と魅力ある新製品のタイムリーな市場投入は、カメラ市場での地位をさらに強固にするため最重要テーマとしており、今回1980年にキヤノンの持分法適用会社となって以降、主にレンズ交換式デジタルカメラ製造を営んできた宮崎ダイシンキヤノンを完全子会社化することにより、重要な戦略の意思決定を機動的かつ員即に実行できる体制を構築するべく、本決議に至った。

これにより、スピード経営をさらに進化させ、カメラ市場での地位をさらに強固するとしている。

株式交換効力発生日:2017年6月1日(予定)

〈取得する会社の概要〉
会社名:宮崎ダイシンキヤノン株式会社
所在地:宮崎県児湯郡木城町大字高城
事業内容:デジタルカメラ製造
資本金:80百万円
(2016年12月期)
純資産:3,187百万円
売上高:52,130百万円

〈当該会社の概要〉
会社名:キヤノン株式会社
所在地:東京都大田区新丸子
事業内容:オフィス機器、イメージングシステム製品、産業機器その他の開発・製造および販売
資本金:174,762百万円
上場証券取引所:東京証券取引所 市場第1部、名古屋証券取引 市場第1部
        札幌証券取引所、福岡証券取引所(証券コード7751)
発行済株式数:1,333,763,464株


news-toppage