M&A事業承継 用語集 相続・事業承継

自社株式の相続税評価額やオーナー個人の相続、不動産取引などについて基本的な用語をまとめました。

財団医療法人 (ざいだんいりょうほうじん)

財団医療法人とは、金銭その他の財産の寄附行為により設立され、定款に示された設立者の意思を活動の準則とする法人形態である。実際の意思決定は評議員会(理事・監事を監督)または理事会(業務執行機関)でなされる。
財団医療法人には出資持分の概念がなく、社員も存在しないため、M&Aに際しては、売手である医療法人の現経営メンバーである理事・理事長および評議員が退任し、買手から選出される理事・理事長および評議員に交代するという方法で行われる。

 
⇒気になる!現在の医療業界、その動向
 
⇒平成29年度税制改正 取引相場のない株式の評価の見直し
 
⇒事業承継とは何か|事業承継を成功させるために必要なこと
 
⇒事業承継コンサルティングのサービス内容はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識