M&A事業承継 用語集 デューデリジェンス・企業価値評価

M&Aの意思決定をする上で重要な情報を引き出すデューデリジェンスと企業価値評価に関わる用語についてまとめました。

WACC (わっく / Weighted Average Cost of Capital)

WACCとは、Weighted Average Cost of Capitalの略で、加重平均資本コストと訳される。事業の現在価値を求めるときの割引率として利用され、株主にとっての資本コスト(株主資本コスト)と債権者にとっての資本コスト(負債資本コスト)とを、株主資本と有利子負債の比率に応じて加重平均した値である。
DCF法による企業価値評価では割引率であるWACCの設定によって最終的な算定額に与える影響は大きい。しかし、その算出式における各要素は客観的・一義的に定まるものではない。そのため、WACCの設定の妥当性を検証することは極めて重要である。

 
⇒企業価値の評価方法とは | M&Aにおける企業価値評価
 
⇒M&Aで成功する秘訣とは!M&Aの基礎知識
 
⇒デューデリジェンス・企業価値評価のサービス内容はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識