M&A事業承継 用語集 資本政策・敵対的買収

既存株主との調整、敵対的買収への対処など、支配権のコントロールに関わる用語をまとめました。

信託型ライツ・プラン (しんたくがたらいつぷらん / Trust-Type Rights Plans)

信託型ライツ・プランとは、平時に導入する信託契約および新株予約権を用いた買収防衛策をいう。
敵対的買収者だけが行使できない差別的行使条件を付した新株予約権をSPCに発行したうえで信託銀行に信託譲渡するSPC型と、信託銀行に対して直接発行する直接型があり、信託銀行は敵対的買収者登場時点の株主(受益者)のために新株予約権を信託勘定内で管理しておく。敵対的買収者の登場(受益者確定)後、信託銀行は、全株主(受益者)に対して、自己が管理していた新株予約権を無償で交付し、敵対的買収者以外の株主に株式を取得させ、敵対的買収者の持株比率を低下させる仕組みである。

⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。
⇒後継者問題の解決と会社の再成長のため大手へ譲渡したM&A事例はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識