M&A事業承継 用語集 相続・事業承継

自社株式の相続税評価額やオーナー個人の相続、不動産取引などについて基本的な用語をまとめました。

金庫株 (きんこかぶ / Treasury Shares)

金庫株とは、自己株式の俗称である。平成13年の旧商法改正によって解禁され、分配可能額の範囲内で発行法人が自己株式として取得及び処分することが自由に認められるようになった。
非公開会社の場合、業績が良くなるほどに自社株式の評価が高くなっていくにもかかわらず、流通性に乏しく換金化が難しいため、多額の相続税をどうやって納めるかという点が問題になる。その際、発行法人が自己株式として買取ることで、自社株式を現金化するという方法を取られることがある。
税務上、自己株式を取得した時点で、交付した金銭が株主に払い戻されるものと考えるため、自己株式を取得した発行法人は資本取引として取り扱い、株式を譲渡した株主はみなし配当及び株式の譲渡損益を認識することになる。

 
⇒平成29年度税制改正 取引相場のない株式の評価の見直し
 
⇒事業承継とは何か|事業承継を成功させるために必要なこと
 
⇒事業承継コンサルティングのサービス内容はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識