M&A事業承継 用語集 相続・事業承継

自社株式の相続税評価額やオーナー個人の相続、不動産取引などについて基本的な用語をまとめました。

賃借権 (ちんしゃくけん)

賃貸借は、賃貸人がある者を賃借人に使用収益させ、これに対して賃借人がその対価を支払う契約(民法第601条)をいい、土地を借りた者を賃借権者(借地権者)、自身の持っている土地を貸した者を賃借権設定者(借地権設定者)という。
賃借権を譲渡、転貸するには、一般的には賃借権設定者の承諾が必要であり、承諾料が必要になることもあるが、特約に譲渡、転貸ができる旨の記載があれば承諾なく実行することができる。

 
⇒平成29年度税制改正 取引相場のない株式の評価の見直し
 
⇒事業承継とは何か|事業承継を成功させるために必要なこと
 
⇒事業承継コンサルティングのサービス内容はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識