M&A事業承継 用語集 会計・税務・ファイナンス

会計・税務における処理、資金調達の手法、各種ストラクチャーの特性についてまとめました。

抱き合せ株式 (だきあわせかぶしき / Tie-in Shares)

抱合せ株式とは、合併会社分割の際に、存続会社が有する消滅会社の株式をいう。
会計処理は、以下の通りである。

①親会社が子会社を吸収合併する場合
親会社における子会社の受入れ純資産を親会社持分相当と少数株主持分相当に案分し、親会社持分相当と抱合せ株式の帳簿価額との差額は特別損益、少数株主持分相当と少数株主に交付した対価との差額はのれん(または負ののれん)とする。

②子会社同士の合併の場合
存続会社における資本の処理として、消滅会社の株主資本の額から抱合せ株式の帳簿価額を控除した金額を払込資本の増加(マイナスの場合はその他利益剰余金の減少)とする方法と消滅会社の株主資本を引き継いだ上で抱合せ株式の帳簿価額をその他資本剰余金から控除する方法のいずれかの方法とする。

 
⇒企業再編の方法~合併を一から知ろう~
 
⇒M&Aで成功する秘訣とは!M&Aの基礎知識
 
⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識