M&A事業承継 用語集 デューデリジェンス・企業価値評価

M&Aの意思決定をする上で重要な情報を引き出すデューデリジェンスと企業価値評価に関わる用語についてまとめました。

ターミナルバリュー (たーみなるばりゅー / Terminal Value)

ターミナルバリューとは、企業価値評価において、予測精度があまり高くない期間について、少数のパラメータ(成長率等)により単純化し、実務上の利用可能性と交渉可能性を高めることを意図したモデルである。
永久成長率モデルによるターミナルバリューは、予測期間の最終事業年度の翌期に生じると予想されるフリーキャッシュフローをもとにして、それ以降のフリーキャッシュフローを一定の永久成長率で予測し、それらを現在価値に還元することで求める。算式は下記になる。

ターミナルバリュー=最終予測事業年どの翌期のフリーキャッシュフロー÷(資本コスト-永久成長率)

 
⇒企業価値の評価方法とは | M&Aにおける企業価値評価
 
⇒M&Aで成功する秘訣とは!M&Aの基礎知識
 
⇒デューデリジェンス・企業価値評価のサービス内容はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識