M&A事業承継 用語集 M&Aの手続き・法令

M&Aの手続きや契約について、実務の中で使われる用語をまとめました。

公開買付届出書 (こうかいかいつけとどけでしょ / Tender Offer Notification)

公開買付届出書とは、公開買付開始公告を行った公開買付者がその公告日に内閣総理大臣に提出するものであって、金融商品取引法第27条の3第2項所定の事項を記載した書類およびその添付書類をいう。
公開買付届出書において、買付け等の目的として、組織再編、企業集団の再編、解散、重要な財産の処分もしくは譲受け、多額の借財、代表取締役等の選定もしくは解職、役員の構成の変更、配当・資本政策に関する重要な変更、その他対象者の経営方針に対して重大な変更を加え、または重大な影響を及ぼす行為を予定している場合には、その内容および必要性も記載することとされているところ、公開買付け後に全部取得条項付種類株式を用いたスクイーズ・アウト二段階買収)を予定している場合、同項目に記載する必要があると考えられている。

 
⇒平成29年度税制改正 スクイーズアウトにおける課税関係の整理
 
⇒M&Aで成功する秘訣とは!M&Aの基礎知識
 
⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。

電話

ご相談・お問い合わせはお気軽に

03-6212-2521

03-6212-2521

受付時間 平日9:00~18:00 (土日祝除く)

この用語の同カテゴリーの用語

よくわかるM&A メールマガジン登録のご案内 M&A/事業承継 基礎知識