M&A事業承継 用語集 資本政策・敵対的買収

既存株主との調整、敵対的買収への対処など、支配権のコントロールに関わる用語をまとめました。

定款 (ていかん)

定款とは、会社の組織と運営に関する事項を定める根本規則である。株式会社は設立時に定款を作成することが義務付けられるとともに、定款条項により会社の組織や内部関係を定めることができる(定款自治)。会社成立後にも、一定の手続を踏んで定款を変更することができる。
会社法第29条は、会社の定款には、会社法の規定により定款の定めがなければその効力を生じない事項、およびその他の事項で会社の規定に違反しないものを記載・記録することができると定めている。

⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。
⇒後継者問題の解決と会社の再成長のため大手へ譲渡したM&A事例はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識