M&A事業承継 用語集 M&Aの手続き・法令

M&Aの手続きや契約について、実務の中で使われる用語をまとめました。

公開買付け(TOB) (こうかいかいつけ / Takeover Bid)

公開買付けとは、不特定かつ多数の者に対し、公告により株券等の買付け等の申込みまたは売付け等の申込みの勧誘を行い、取引所金融商品市場外で株券等の買付け等を行うことをいう。TOB(Takeover Bid)とも呼ばれる。
対象会社の取締役会の賛同を得てTOB(Takeover Bid)を行うことを、友好的TOBといい、他方、対象会社の取締役会の賛同なくしてTOB(Takeover Bid)を行うことを、敵対的TOBという。
公開買付制度の主旨は、主に取引所有価証券市場外で株券等の買付け等を行おうとする場合に、①買付者が買付期間、買付数量、買付価格などをあらかじめ開示し、②株主に公平に売却の機会を付与し、もって会社支配権などに影響を及ぼすような証券取引について透明性・公平性を確保する点にある。

⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。
⇒後継者問題の解決と会社の再成長のため大手へ譲渡したM&A事例はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語