M&A事業承継 用語集 デューデリジェンス・企業価値評価

M&Aの意思決定をする上で重要な情報を引き出すデューデリジェンスと企業価値評価に関わる用語についてまとめました。

スタンドアロンバリュー (すたんどあろんばりゅー)

スタンドアロンバリューとは、対象会社が作成した事業計画に対し、ビジネスデューデリジェンスでの発見事項を加えて修正を加えた事業計画に基づく対象会社の価値を示す。そのためには、対象会社の実績の分析、収益を生む源泉となっているビジネスの仕組みの分析を行い、事業計画の裏付けを確認しなければならない。
スタンドアロンバリューは、多くの場合セラーズバリューよりも低くなるが、対象会社の素のままの価値といえる。これを精査することは、買手にとって価格交渉を行う上で重要である。

 
⇒企業価値の評価方法とは | M&Aにおける企業価値評価
 
⇒M&Aで成功する秘訣とは!M&Aの基礎知識
 
⇒デューデリジェンス・企業価値評価のサービス内容はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識