M&A事業承継 用語集 資本政策・敵対的買収

既存株主との調整、敵対的買収への対処など、支配権のコントロールに関わる用語をまとめました。

実質支配力基準 (じっしつしはいりょくきじゅん / Substantial Control Criteria)

実質支配力基準とは、親子会社の関係を判定する基準のうち、議決権の過半数とする形式基準ではなく、財務および事業の方針の決定を支配しているかどうかという実質的な状態をもって判定する基準をいう。
実質支配力基準により、倒産手続中の会社など、議決権の過半数を保有していても有効な支配従属関係がないと判断され子会社から除かれるものがある一方で、議決権の過半数を保有していなくても、その他の要件を満たすことで子会社に含まれるものもある。

⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。
⇒後継者問題の解決と会社の再成長のため大手へ譲渡したM&A事例はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識