M&A事業承継 用語集 資本政策・敵対的買収

既存株主との調整、敵対的買収への対処など、支配権のコントロールに関わる用語をまとめました。

株式買取請求権 (かぶしきかいとりせいきゅうけん)

株主は、一定の場合に、自己の有する株式を公正な価格で買い取ることを株式会社に請求することができる。これを株式買取請求権という。
一定の場合とは、具体的には以下のケースが挙げられる。
事業の譲渡等をする場合
合併会社分割株式交換株式移転など、組織再編をする場合
株式の併合をする場合
・株式に全部取得条項を付す場合
・ある種類の株式の種類株主に損害を及ぼすおそれのある一定の行為を行う場合で、種類株主総会の決議が定款で排除されている場合

 
⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。
 
⇒後継者問題の解決と会社の再成長のため大手へ譲渡したM&A事例はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識