M&A事業承継 用語集 デューデリジェンス・企業価値評価

M&Aの意思決定をする上で重要な情報を引き出すデューデリジェンスと企業価値評価に関わる用語についてまとめました。

スタンド・アローン問題 (すたんどあろーんもんだい / Stand Alone)

スタンド・アローン問題とは、一定の資本関係を有するグループ会社間においては、当該関係のない一般の取引と比較して有利な条件による取引や親会社のサポートなど有形無形のメリットを受けていた対象会社が、M&Aにより資本関係から離脱した結果、それらのメリットが得られなくなる問題をいう。
代表的な例として、仕入先や取引先の確保、資金調達力、知的財産権の利用、グループ内出向者、労働組合などの労務関連、動産・不動産等の使用などが挙げられる。
買収者は、デューデリジェンスを通じて、この問題の所在を明確にし、解決策・代替策を検討しなければならない。
 
◆関連ワード
⇒コングロマリット・ディスカウント

 
⇒企業価値の評価方法とは | M&Aにおける企業価値評価
 
⇒M&Aで成功する秘訣とは!M&Aの基礎知識
 
⇒デューデリジェンス・企業価値評価のサービス内容はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識