M&A事業承継 用語集 M&Aの手続き・法令

M&Aの手続きや契約について、実務の中で使われる用語をまとめました。

印紙税 (いんしぜい / Stamp duty)

印紙税とは、印紙税法により契約書や領収書などの文書に課される国税をいう。
M&Aの場面においては様々な契約が交わされ、また金額が通常の契約書と異なり大きいのが特徴である。例えば、事業譲渡契約は原則として記載された契約金額により印紙税額が異なり、最高で54万円(契約金額50億円超の場合)の印紙税が必要になるが、株式譲渡契約は金額に関わりなく不課税である。

⇒事業譲渡によるM&Aの基礎知識

⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。
⇒後継者問題の解決と会社の再成長のため大手へ譲渡したM&A事例はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語