M&A事業承継 用語集 M&Aの手続き・法令

M&Aの手続きや契約について、実務の中で使われる用語をまとめました。

スクイーズ・アウト (すくいーずあうと / Squeeze Out)

スクイーズ・アウトとは、完全子会社化を目的としたM&Aにおいて、売却に応じない株主の有する対象株式の全部を、その株主の個別承諾を得ることなく取得すること。対象会社の株主は、自らの意思にかかわらず対象会社の株式を失うことになるので、それに対する適正な対価が交付される必要がある(これをキャッシュアウトという)。
代表的な手法としては、全部取得条項付種類株式または株式の併合による調整、株式等売渡請求、金銭を対価とする合併株式交換による組織再編がある。

⇒平成29年度税制改正 スクイーズアウトにおける課税関係の整理

⇒種類株式・属人的株式・信託を活用した事業承継

⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。
⇒後継者問題の解決と会社の再成長のため大手へ譲渡したM&A事例はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語