M&A事業承継 用語集 クロスボーダー

国境を跨いだM&A取引において重要なトピックに関わる用語をまとめました。

SPC (えすぴーしー / Special Purpose Company)

SPCとは、Special Purpose Companyの略で、特別目的会社と訳される。
M&A実務においては、SPCを買収主体として金融機関から借入等を行い、少ない資本と多額の借入金を原資として対象会社を買収する手法が利用される。買収後はSPCと対象会社が合併することも多い。
企業再生局面においては、その事業目的が資産流動化・証券化対象資産の保有、そのための原資調達および当該借入金・有価証券等の元利払いに限定された法人である。
また、税務上の観点などから利用される場合、買主自らが対象会社の株式を取得せずに、海外の特定の国(多くの場合、タックス・ヘイブン)に持株会社となるSPCを設立して、当該SPCによって対象会社の株式を保有することもある。
SPV(Special Purpose Vehicle)とも呼ばれる。

 
⇒企業再編の方法~合併を一から知ろう~
 
⇒買収とは?企業買収の意味

この用語の同カテゴリーの用語