M&A事業承継 用語集 資本政策・敵対的買収

既存株主との調整、敵対的買収への対処など、支配権のコントロールに関わる用語をまとめました。

スリーピング・ビューティー (すりーぴんぐびゅーてぃー / Sleeping Beauty)

スリーピング・ビューティーとは、M&Aの分野においては、潜在的には買収の対象となりうる魅力がありながら、本来の企業価値よりも株価が割安な状態で放置されている銘柄をいう。
過小評価されている不動産、多額の金融資産、優良な関連会社株式を有していたり、高い収益性があるにもかかわらず、市場からそれに見合った評価を受けていないため、買収者は少ない資金でそれ以上の価値を隠し持つ企業を買収できる可能性があり、敵対的M&Aの標的とされやすい。

⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。
⇒後継者問題の解決と会社の再成長のため大手へ譲渡したM&A事例はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識