M&A事業承継 用語集 会計・税務・ファイナンス

会計・税務における処理、資金調達の手法、各種ストラクチャーの特性についてまとめました。

資産流動化・証券化 (しさんりゅうどうかしょうけんか)

資産流動化・証券化とは、一般に、資金調達を望む当事者が、その保有する資産の信用力を引当として、一定の仕組みを通じて直接投資家等からファイナンスを受けるための取引または手法を意味する。
例えば、対象資産の現保有者(オリジネーター)が、その資産をSPC(特別目的会社)に譲渡し、SPCが当該資産の収益力を裏付けとして金銭の借入れまたは有価証券の発行を行うことにより、投資家から資金調達を行うといった形で実施される。
これにより、オリジネーターは通常の借入れ等による場合よりも調達費用を低くすることができる等有利な条件で資金調達を行うことができる。

 
⇒買収とは?企業買収の意味
 
⇒買収ファイナンスの全体像
 
⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識