M&A事業承継 用語集 会計・税務・ファイナンス

会計・税務における処理、資金調達の手法、各種ストラクチャーの特性についてまとめました。

新設合併 (しんせつがっぺい)

新設合併は、全ての合併当事会社が解散すると同時に、受け皿として新しい会社(新設会社)を設立し、解散する会社の従業員、財務等一切の権利義務を包括的に新設会社に承継させる合併形態のこと。
許認可を必要とする事業である場合、改めて手続きを行う必要がある、新株の発行について費用と労力がかかる、公開会社であれば改めて公開申請が必要であるなど、不利な面があるため、実務では吸収合併が選択されるのがほとんどである。

⇒合併によるM&Aの基礎知識

⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。
⇒後継者問題の解決と会社の再成長のため大手へ譲渡したM&A事例はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語