M&A事業承継 用語集 デューデリジェンス・企業価値評価

M&Aの意思決定をする上で重要な情報を引き出すデューデリジェンスと企業価値評価に関わる用語についてまとめました。

類似会社比準法 (るいじかいしゃひじゅんほう / Similar Listed Company Analysis)

類似会社比準法とは、評価対象が非上場会社である場合、市場価格は存在しないため、評価対象に類似した上場会社の株価を基礎として評価対象の企業価値を算定する方法である。
規模、顧客属性、事業構造、製品サービスなどを選定基準として、所属する業界の上場企業の中から類似企業を選定し、PERPBRなどの指標等を活用して、類似会社の株価から評価対象の株式価値を導く。

 
⇒企業価値の評価方法とは | M&Aにおける企業価値評価
 
⇒M&Aで成功する秘訣とは!M&Aの基礎知識
 
⇒デューデリジェンス・企業価値評価のサービス内容はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識