M&A事業承継 用語集 資本政策・敵対的買収

既存株主との調整、敵対的買収への対処など、支配権のコントロールに関わる用語をまとめました。

シャーク・リペラント (しゃーくりぺらんと / Shark Repellent)

シャーク・リペラントとは、平時に導入される定款規定による各種買収防衛策の総称をいう。
企業価値報告書においては、シャーク・リペラントの主な例として、①スーパーマジョリティ、②スタッガード・ボート、③取締役解任への正当事由付加(任期途中で取締役を解任する場合、正当事由を必要とするもの)、④公正価格条項(部分的に支配権を握った敵対的買収者が、2段目で合併を企てた際に少数株主に公正な価格を支払うことを義務付ける条項)の4つが挙げられている。

⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。
⇒後継者問題の解決と会社の再成長のため大手へ譲渡したM&A事例はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識