M&A事業承継 用語集 資本政策・敵対的買収

既存株主との調整、敵対的買収への対処など、支配権のコントロールに関わる用語をまとめました。

単元株制度 (たんげんかぶせいど / Share Unit System)

単元株制度とは、定款において株式会社が、その発行する株式について、一定の数の株式を一単元と定め、当該単元をもって株主が株主総会または種類株主総会において1個の議決権を行使することができるとする制度をいう。
単元株制度を採用した会社の議決権は、一単元以上の株式を有する株主のみが有し、一単元の株式につき1個の議決権が認められる。これは、議決権が与えられる株主を一定数以上の株式を有する者に制限することにより、株式の流動性を維持しながらも株主管理コストに見合う出資単位を確保することを主な目的とする制度である。

⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。
⇒後継者問題の解決と会社の再成長のため大手へ譲渡したM&A事例はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識