M&A事業承継 用語集 資本政策・敵対的買収

既存株主との調整、敵対的買収への対処など、支配権のコントロールに関わる用語をまとめました。

新株予約権 (しんかぶよやくけん / Share Subscription Rights)

新株予約権とは、一定の期間内にあらかじめ定められた価額にて新株を取得することのできる権利をいう。第三者割当による新株発行の代表的方法の一つである。
対象会社の財政状態や経営成績の見込みが不透明であったり、抱えている係争事件などの見通しが判然としない場合、買収側のリスクを限定することができる。発行会社側にとっては、スポンサーが仮就任したものとして、対外的な信用補完として利用できるメリットがある。

⇒第三者割当増資によるM&Aの基礎知識

⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。
⇒後継者問題の解決と会社の再成長のため大手へ譲渡したM&A事例はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識