M&A事業承継 用語集 デューデリジェンス・企業価値評価

M&Aの意思決定をする上で重要な情報を引き出すデューデリジェンスと企業価値評価に関わる用語についてまとめました。

製造業 (せいぞうぎょう)

製造業の貸借対照表項目としては、棚卸資産における滞留在庫、開発在庫、試作品などの評価が問題になることが多く、買収価格調整、移管対象からの除外などを検討する必要がある。
損益計算書項目としては、原価計算のプロセスを理解し、原価差額の調整方法や、費用配賦の適切性などに留意する。特定の製品や得意先に対する赤字販売が収益圧迫の原因となることが多いが、営業目的やポートフォリオ戦略のために政策的に行われている場合も考慮して、内容を吟味する。
将来の業績予測にあたっては、資材の調達市場における価格変動の見通しも考慮しなければならない。

⇒最新の業界動向はこちら

⇒バリュエーション(企業価値評価)の基礎知識
⇒デューデリジェンス・企業価値評価のサービス内容はこちら。

⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。
⇒後継者問題の解決と会社の再成長のため大手へ譲渡したM&A事例はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識