M&A事業承継 用語集 資本政策・敵対的買収

既存株主との調整、敵対的買収への対処など、支配権のコントロールに関わる用語をまとめました。

焦土作戦 (しょうどさくせん / Scorched Earth Defense)

焦土作戦とは、クラウンジュエルを手放すことにより、買収対象会社を買収者にとって全く魅力のない企業とし、買収者の買収意欲を削ぐ作戦をいう。
もっとも、会社がクラウンジュエルを適正価格で売却すれば、会社は売却した資産に見合う対価を受領するため、企業価値の低下は起こらないため、買収者に対する十分な対抗措置とならない。かといって、会社が廉価で売却すれば、株主や監査役による行為差し止めや株主代表訴訟のリスクが伴う。

⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。
⇒後継者問題の解決と会社の再成長のため大手へ譲渡したM&A事例はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識