M&A事業承継 用語集 会計・税務・ファイナンス

会計・税務における処理、資金調達の手法、各種ストラクチャーの特性についてまとめました。

累進税率 (るいしんぜいりつ)

累進課税とは、課税標準が大きくなるほどに、高い税率を課する課税方式のことをいう。
わが国において、個人の所得税は譲渡所得に対しては税率20.315%の定率であるが、配当所得は、原則として、給与所得、事業所得、不動産所得などと合算して総合課税となり、最高約55%の累進課税の対象となる。これら税率の差異を考慮して有効なタックス・プランニングを検討する必要がある。

⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。
⇒後継者問題の解決と会社の再成長のため大手へ譲渡したM&A事例はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識