M&A事業承継 用語集 資本政策・敵対的買収

既存株主との調整、敵対的買収への対処など、支配権のコントロールに関わる用語をまとめました。

少数株主権 (しょうすうかぶぬしけん / Rights of Minority Shareholders)

少数株主権とは、議決権総数または発行済株式総数に対して一定割合以上または一定数以上の株式を有する株主が行使できる権利をいう。
少数株主権は、議決権または株式の割合または数および一定期間の継続保有が必要となるか否かが各権利により異なる。
なお、公開会社以外の株式会社については、保有期間の要件はない。

■議題の追加請求権、議案の要領の通知請求権⇒総株主の議決権の1%以上または300個以上の議決権・6か月間の継続保有
■総会検査役の選任請求権⇒総株主の議決権の1%以上の議決権・6か月間の継続保有
■株主総会・種類株主総会の招集請求および招集⇒総株主の議決権の3%以上の議決権・6か月間の継続保有
■役員などの責任免除に対する異議権⇒総株主の議決権の3%以上の議決権・保有期間の要件なし
■業務・財産調査検査役専任請求⇒総株主の議決権の3%以上の議決権または発行済株式の3%以上の議決権または発行済株式の3%以上の株式・保有期間の要件なし
■会計帳簿・資料の閲覧⇒総株主の議決権の3%以上の議決権または発行済株式の3%以上の議決権または発行済株式の3%以上の株式・保有期間の要件なし
■役員の解任の訴えの提起、清算人解任請求⇒総株主の議決権の3%以上の議決権または発行済株式の3%以上の議決権または発行済株式の3%以上の株式・6か月間の継続保有
■解散の訴えの提起⇒総株主の議決権の10%以上の議決権または発行済株式の10%以上の議決権または発行済株式の10%以上の株式・保有期間の要件なし

⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。
⇒後継者問題の解決と会社の再成長のため大手へ譲渡したM&A事例はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識