M&A事業承継 用語集 会計・税務・ファイナンス

会計・税務における処理、資金調達の手法、各種ストラクチャーの特性についてまとめました。

逆取得 (ぎゃくしゅとく / Reverse Acquisition)

逆取得とは、取得のうち、企業結合の対価として株式を交付した企業が取得企業とならない企業結合をいう。例えば、吸収合併にあたり吸収合併消滅会社が取得企業となり、企業結合の対価を交付した吸収合併存続会社が被取得企業となるケースである。
逆取得の場合、個別財務諸表と連結財務諸表のそれぞれの会計処理について、通常の場合と比べて差異があるため、注意が必要である。

⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。
⇒後継者問題の解決と会社の再成長のため大手へ譲渡したM&A事例はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識