M&A事業承継 用語集 会計・税務・ファイナンス

会計・税務における処理、資金調達の手法、各種ストラクチャーの特性についてまとめました。

退職所得課税 (たいしょくしょとく / Retirement Income Tax)

退職金を受け取った場合、退職所得として所得税および住民税の課税対象となる。退職所得の計算は以下の算式でされ、累進税率が適用される。

退職所得=(収入金額-退職所得控除(※))×1/2

(※)退職所得控除の計算は以下の通り。

勤続年数20年以下の場合・・・40万円×勤続年数(80万円未満の場合は80万円)
勤続年数20年超の場合・・・800万円-70万円×(勤続年数-20年)

⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。
⇒後継者問題の解決と会社の再成長のため大手へ譲渡したM&A事例はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識