M&A事業承継 用語集 クロスボーダー

国境を跨いだM&A取引において重要なトピックに関わる用語をまとめました。

居住者 (きょじゅうしゃ / Resident)

居住者とは、所得税法上において課税所得が異なる個人の分類のうちの1つをいう。居住者は、国内に住所を有しまたは現在まで引き続いて1年以上居所を有する個人で、全世界所得に対し課税される。
国際課税の基本原則として、個人は居住地国において国内および国外で得た全世界所得に対して課税を受けることとなるため、個人が2か国以上で所得を得る場合にはその個人の居住地国の特定が必要となる。
日本の所得税法においては、個人を「居住者」「非永住者」「非居住者」の3つに区分しその課税関係を整理している。

⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。
⇒後継者問題の解決と会社の再成長のため大手へ譲渡したM&A事例はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識