M&A事業承継 用語集 資本政策・敵対的買収

既存株主との調整、敵対的買収への対処など、支配権のコントロールに関わる用語をまとめました。

潜在株式 (せんざいかぶしき / Potential Shares)

潜在株式とは、一定の事由の発生などにより会社が株式を発行する義務を負う有価証券をいう。法令上の潜在株式としては、新株予約権や新株予約権付社債がある。
M&Aの対象会社が潜在株式を発行している場合には、取引を実行するにあたって留意が必要である。例えば、買収会社が対象会社の株式の過半数を取得して子会社化したとしても、潜在株式が顕在化して買収会社の株式所有割合が低下することにより、支配権が維持できなくなるおそれがある。

⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。
⇒後継者問題の解決と会社の再成長のため大手へ譲渡したM&A事例はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識