M&A事業承継 用語集 資本政策・敵対的買収

既存株主との調整、敵対的買収への対処など、支配権のコントロールに関わる用語をまとめました。

ポイズンピル (ぽいずんぴる / Poison Pill Clause)

敵対的な買収者が行使できない差別的条項が付された有利な価額で新株を取得できる新株予約権(ライツ)を既存の株主に割り当てておくことにより、敵対的買収者の登場時にこの新株予約権が行使されると、敵対的買収者以外の株主が持つ株式数だけ増加し、その持分比率を引き下げることによって買収を困難とさせる方法。ライツプランとも呼ばれる。

⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。
⇒後継者問題の解決と会社の再成長のため大手へ譲渡したM&A事例はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識