M&A事業承継 用語集 デューデリジェンス・企業価値評価

M&Aの意思決定をする上で重要な情報を引き出すデューデリジェンスと企業価値評価に関わる用語についてまとめました。

PER倍率法 (ぴーいーあーるばいりつほう)

PER×EPS=株価であることから、同じような事業を営む企業のPERには相当程度の相関性が見られるため、類似企業のPERの平均値にEPSを乗じることで株価を推定することが可能であり、これをPER倍率法という。
PERには、今後12カ月間の利益に基づいて計算されるフォワードPERと、過去12カ月間の利益に基づいて計算されるトレイリングPERとがあるが、多くの場合、将来の利益の方がより重要であるため、フォワードPERが用いられることが多い。

 
⇒企業価値の評価方法とは | M&Aにおける企業価値評価
 
⇒M&Aで成功する秘訣とは!M&Aの基礎知識
 
⇒デューデリジェンス・企業価値評価のサービス内容はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識